• 2014年3月14日 /  FX

    FXについて難しく考えている人もいるみたいですが、そんなに難しいことはないので初めての人でも始めることが出来ます。
    簡単に言ってしまうと、為替相場が上がるか下がるかを予想するだけなので、難しいことはないですよ。
    3000円から取引をすることが出来るので、どなたでも利用しやすいようになっていますから嬉しいですよね。


    FX はどうやって取引が出来るの?

    FXの取引は24時間いつでも取引をすることが可能なので、いつでも稼ぐことが出来ます。
    時間を気にしなくていいので、仕事が終わってからのんびり取引を行う事ができますから使いやすくていいと思いますよ。
    携帯やスマホからも取引が出来ますから、本当に自由な時に取引をすることが出来ます。
    自分の身近なものから利用できるのは、本当に便利で助かりますよね。
    稼ぎ方などについて掲載しているサイトもありますから、FX初心者の方はぜひ参考に。
    きっと何かヒントを得ることが出来ますよ。


    借金になったりしますか?

    FXを利用していて気になるのが、借金に繋がってしまうのではないかという事ですよね。
    借金をするのが怖くてFXを利用することをためらっている人もいるのではないでしょうか?
    ロスカットというシステムがあるので借金になる前自動で決済されるので、借金をすることはないから心配しなくても大丈夫です。
    また、信託保全という制度のおかげで、FX会社が倒産してしまっても預けたお金は別の信託銀行から必ず返ってきますので安心していいですよ。

  • 2015年9月14日 /  FX

    FX初心者の方の多くの疑問がFXの注文方法がよくわからないというものです。FX投資は他の株式投資や不動産投資と比べるとわかりやい仕組みだと思います。しかしそれでもやはり分からない事はありますよね。
    FXの取引注文方法は大きく分けて二つあります。それは成行注文と指値注文です。この二つの注文方法の意味ややり方を知っておけば問題はありません。なぜなら、他の取引注文は使う事はほとんどないからです。
    初心者の方はプロのトレーダーはいろいろな注文方法を組み合わせて取引しているのではないか。こんな風に思っているのかもしれませんが、そんなことは絶対にありません。プロトレーダーは成行注文と指値注文の二つをうまい具合に使っているのです。


    FXの成行注文とは?

    FXの成行注文とは簡単に言うとリアルタイムで取引することを言います。FXは24時間取引することが可能です。自分がスマホやらパソコンを開いた時、この通貨を買いたいと思った時に、買い・売りの注文を出します。そしてすぐにその取引が完了します。この説明を聞いて理解できない人はいないでしょう。この成行注文はとても簡単な注文方法ですね。
    しかしこの成り行き注文には一つ注意点があります。それは注文だしてから、ほんのわずかに、タイムラグがあることです。その時間はその時によって違いますが、およそ数秒くらいではないでしょうか。
    たった数秒くらいどうってことないでしょうと思っている方は、少し考え方が甘いのかもしれません
    為替相場はこの数秒で大きく変化することもあり得るからです。FXにはこの取引スピードがとても大切なのです。取引をスムーズにできる自信がないという方は、一度デモトレードで練習してください。そして自分はもう大丈夫だと感じてから実際のお金を使った取引。この手順を守った方がいいかと思います。


    指値注文とは?

    指値注文とは自分があらかじめ、この金額まで相場が上がったら買いたい。この金額まで相場が下がったら売りたい。これを事前に注文を出すことを指値注文・逆指値注文と言います。この注文は時間がない、この価格まで上がったら買いたいと決まっている。そんな方に向いている注文方法です。逆指値注文は基本的にプロトレーダーも多く活用しています。
    なぜプロトレーダーが逆指値を使うのか。それは逆指値注文はリスクヘッジするには欠かせない注文方法だからです。例えばあなたがドルの買いポジションを一万通貨保有していたとします。そしてあなた就寝している間に、金融危機が起きてドルが大幅に下落していたらどうしますか。FXは24時間取引が可能なのでこういったケースも十分に考えられます。また、あなたが仕事をしている間に大きく下落したら、ドライブしている間に下落したら。こんなことを考えると、常に為替市場を考えていなければなりません。そんな生活にあなたは絶えることが出来るでしょうか。私にはそんなことできません。
    逆指値注文はこの価格まで下がったら売りに出してくれというように、損失を限定することが出来ます。そういった理由からも、逆指値注文はリスクヘッジに欠かせないものなのです。その他にもIFO注文やIFD注文もあるけど、これらは使わないの?このような質問をよく聞きますが、これらは基本的に指値注文を少し応用してものです。どうしてもこの注文を使いたいという人は別ですが、無理して使う必要はありません。


    この二つの注文方法の特徴を見てどのように思いましたか。自分は成行注文で取引したい。わたしは指値注文を使う。それぞれ自分のライフスタイルによって選択は変わるでしょう。
    しかし私は、成行注文をおすすめします。この注文方法の一番のメリットは為替市場の変化を見て取引することが出来るので、融通が利く取引をすることが出来ます。指値注文をして、金額まで決めてもこの先どのようにチャートが動いていくかわかりません。もしかしたら、もっとさらに上昇していくのに手放してしまう事もあるかもしれませんよ。
    為替市場はノイズと言った予測不能の動きをよくします。それに対応するにはリアルタイムで取引するしかありません。仕事でそんな時間を確保することができないという方もいるかもしれませんが、そんな心配は無用です。為替市場は日本時間で言うと、22時を目安に活発に取引されるからです。その時間にリアルタイムで取引することが出来るなら、使う注文方法は成行注文。そして、リスクヘッジのために逆指値注文。これだけで大丈夫です。
    なぜ22時から活発に為替市場が動くかというと、この時間にニューヨーク市場が開かれるからです。やはり米国を中心にして世界の金勇市場は回っているという事なのです。
    これを知って少し安心してくれた方もいるかもしれません。日本と米国との時差は大体13時間くらいだと思います。ニューヨーク市場が開かれる頃には日本では、仕事を終わらせている人がほとんどだと思います。
    もしこの時間から仕事がある、夜勤があるからスマホを使えない。こんな方が指値注文を使う。これなら私も良いと思います。
    つまりFXは自分のライフスタイルに合わせて注文方法を選択することが一番大事なのです。無理しても長く続かないですよね。ネットでこの取引注文方法を選んで勝てたと見た。相手のマネをしても勝つことが出来ないし、続かないのがFXです。自分手法をぜひとも見つけてください。

  • 2015年5月1日 /  FX

    FXには利益を出すためのいろいろな手法があります。
    そのうちの一つにスキャルピングというものがあるのですが、みなさんはご存知でしょうか?
    今回はこのスキャルピングに注目していきたいと思います。


    スキャルピングでFXに勝てるか?

    そもそもこれはどのような方法かというと、短期間の間に何度も何度も外貨の売り買いをして細かく利益をあげていくというものです。
    そのため常にチャートをチェックしていなければならず、場合によっては1日中パソコンの前から離れられないという状況に陥ることもあります。
    この手法は、会社員の方というよりかは専業主婦のように比較的時間がある方に向いているものですね。
    さて、これで儲けることができるかどうかですが、正直最初はそんなに簡単ではないと思います。
    スキャルピングは短い間での取引なので買値と売値でそんなに差が生じず、ごくわずかな利益しかゲットできません。
    しかし、確実に利益を取りたいという方はやってみる価値があるでしょう。
    あくまでもこのようなやり方もあるという程度に知っておいてください。


    取引をする時間帯を読め!

    FX会社はほとんどが欧米国の会社のため、日本との間に時差が生じます。
    そのためレートの変動が起きやすいのは早朝や深夜であることが多いです。
    ちなみに有名な市場であるロンドン市場は夕方4時ごろ、ニューヨーク市場は夜10時ごろに動きます。
    ここにも注目しておきましょう。

  • 2014年10月22日 /  FX

    FXをやるときに気を付けたいのが損益の管理です。
    損益が出たらそれを記録してどういった理由と原因があるのか、スプレッド幅は関係ないのか、為替市場とどう関係した損益なのか。それを記録して検討しておくことがその先の取引を成功させるために大切なことです。
    FX取引を上達するには続けていってコツをつかむしかありません。そのためには記録を後で検証してみることが大切なのです。


    FX損益を記録するソフトを利用しよう

    損益を記録するソフトは、有償のものも無償のものも現在出ていて、それを利用すれば損益を見やすく表にまとめることができますからあとで見返しやすくなります。
    その種類もさまざまで、中にはExeclを利用したものや、関連したニュースを拾ってきてくれるものさまざまです。
    後で見返してみて、無駄なエントリーがあればそれを省くことも大事です。損を減らすには無駄を省くことも大切なのです。


    今はアプリも?

    損益表をまとめる方法に今ではアプリを利用するという手もあります。スマートフォンを利用して取引をされる方も今はすくなくないでしょうから、その流れで損益を記録されるのはいいかもしれません。
    取引が成功した理由、取引がうまくいかなかったときはその理由をもう一度考えましょう。

  • 2014年9月4日 /  FX

    投資をしていると利益を得られる時と損失を出してしまう時がありますよね。
    あの時、どのようにしたらFXで利益を出せたっけ?なんていう経験のある人もいるのではないでしょうか?
    そんな時、ノートを書いておけば思い出せますし、損を出してしまった時の書いておけば次の参考にもなります。
    FXをエクセルシートで記入している人もいるそうですが、やり方はお好みで構いませんのでぜひ試してみてはどうでしょう?


    FXノートでいい刺激を

    失敗も成功も両方ノートに書き留めておけば、いざという時とても参考になっていいと思います。
    両方書いて少しずつ自分のFXのやり方を確定させていくことが出来るので、初心者にもオススメしたいことですね。
    勝ちパターンさえ理解できれば、それと同じように取引を重ねればいいから、失敗する回数も減ってくるはず。
    大切なのは、面倒だと思ってもしっかりノートに記入しておくことなので、ちゃんと残しておきましょう!


    主婦にも人気です

    サラリーマンやご年配の方だけではなくて、主婦やOLにも人気が出てきているみたいです。
    女性初心者の為のサイトも出てきていますから、FXでお小遣いを稼ぎたい人などにもおすすめかもしれません。
    FXは難しいイメージを抱きがちですが、慣れてしまえば楽しくなってくるらしいので、慣れるまでが勝負ですね。

  • 2014年8月29日 /  FX

    FXと一口に言っても、取引スタイルはいろいろです。1日に何度も取引を繰り返して、小さな利益を積み重ねていくスタイルもあれば、中長期的に比較的大きな利益を目指すスタイルも考えられます。2つを組み合わせれば、変動のリスクを少なくできるという利点もあります。取引のスタイルによって、注目すべきポイントが違うので注意しておきましょう。


    <短期取引ならスプレッド重視!>

    1日のうちに何度も売買を繰り返して、その日のうちにポジションを決済してしまうデイトレードや数秒や数分で売買を繰り返すスキャルピングでは、取引回数が多くなるのでコストとなるスプレッドが低いことが重要になります。FX業者選びではスプレッドに注意しましょう。


    <中長期で考えるならスワップポイント>

    各通貨には国が定めた金利があります。日本は金利が非常に低いですが、南アフリカはやニュージーランドでは金利はかなり高くなっています。このような通貨間の金利の差をスワップポイントと言います。低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買い、ポジションを維持すると、維持した期間分のスワップポイントがもらえます。

    スワップポイントはポジションを維持するだけで毎日加算されていくので、中長期で利益を出したい人に向いています。短期取引と組み合わせれば、リスクを分散することもできますね。ただし、市場の変動によっては、スワップポイントを支払わなければならないこともあるので要注意です。

    これからFXを始めるなら、短期と中長期の取引のバランスをどうするかも考えてみましょう。

  • 2014年5月30日 /  FX

    投資にはリスクが付き物ですが、FXはリスクをコントロールできるという点で公平で安全な金融商品だと言えます。問題は、勉強や経験の不足のために犯してしまう無謀さです。慣れるまでは初心者には初心者なりの、地道な儲け方があります。そしてそれは投資の王道にもつながる安全な方法なのです。


    <レバレッジをかけない>

    レバレッジをかけて大きく増やすことはFXの醍醐味でもありますが、初心者のうちは要するにレバレッジを1倍にしてリスクを回避し、そこで利益がでたら徐々に率を高くしていくのです。はやる気持ちを抑えてガマンを重ね、手堅く利益を積み重ねる、というのが投資の王道でもあるからです。初めのうちは欲を出さずにしっかりとメンタルと相場を見る目を冷静に養うことが、結局は近道だといえます。


    <金利収入という儲け方>

    FXには、外貨の売り買いのほかに売買する2つの通貨の間の金利差を利益にする、という方法もあります。これは、低金利の日本と金利が高い国の金利の差を狙って外貨を購入する方法なのですが、購入した外貨を保有している間じゅう差額の金利がもらえます。リスクが少ない儲け方ですので、為替取引がを初めて経験するというかたにとっても安心です。

  • 2014年3月31日 /  FX

    FXでは専門用語がいろいろと出てきます。分析方法もテクニカル分析やファンダメンタル分析など、あまり普段は耳にしない言葉が多いものです。しかし、カタカナなので少し難しいイメージがついてしまうだけで、実際には非常に簡単なことです。


    FXのスプレッドはFX業者の儲け

    FXのスプレッドというのは、売るときの価格と、買うときの価格の差額のことです。この差額はFX取引を提供している会社の儲けとなっているものです。現在はスプレッドを数字で表示してくれる会社も増えていますが、表示がなくても、売り値と買い値の差額がスプレッドとなっていますから、この差がおおきな会社はその分、損だということになります。例えば米ドルが現在買うと13、売ると11という場合には、差額の2が会社の儲けとなるのです。


    頻繁に取引を行う場合は、スプレッドもかなり重要

    FXの多くは、取引に長い時間を使わない取引と言われています。特に初心者は一日に数回の取引を行う人が多いと言われているので、手数料がかからない会社であっても、スプレッドが高く設定されていない科どうか、をちゃんと確認して会社を選ぶといいでしょう。これは会社によっても違いますが、多くの場合、スプレッド1は100円と考えられているそうです。

  • 2014年3月14日 /  FX

    FXではレバレッジという、てこの原理を利用して証拠金以上のお金を動かして取引を行います。2倍や3倍程度から、10倍など大きな額にもすることができるのですが、この数字が大きくなればなるほど、リスクも大きくなります。


    日本ではFXでレバレッジ規制がある

    海外ではレバレッジを100倍などに設定して取引を行うこともあるそうです。例えば証拠金として取引所に20万円を預けると仮定します。レバレッジを10倍にすると200万円の取引をできるということになります。この数字が大きければ大きいほど、大きなお金を動かせますよね。しかしマイナスが出た場合も、マイナスをレバレッジ分だけ支払う必要があるので、日本ではロスカットなどで大きなマイナスが出ないようになどの管理はできますが、ギャンブル性があるという判断もあり、25倍が最大となりました。


    ハイレバの取引を行いたい人は海外の会社を

    しかし、日本のFXでは取引の規制が25倍までというようになっただけです。そのため、もしこれ以上の数字で取引を行いたいと思うのであれば、海外のサイトを利用して取引を行えばいいということになります。日本のFX取引会社はすべて金融庁の管理のもとにあるので規制以上の取引が行えません。ただし海外のサイトでは英語でルールが記載してある、何か問題があったときも自分で対応する必要があります。

  • 2014年3月14日 /  FX

    FXでは取引で利用する専門用語のようなものが多くあります。その中でもキャピタルゲインやインカムゲインという言葉が、利益や損失を指す言葉で用いられています。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、キチンと理解しておくと、参考書なども読みやすくなるかもしれません。


    FXでメインの利益となるキャピタルゲイン

    FXではメインとなる儲けが、外国為替の差額を利用したものです。そのため、キャピタルゲインとはFXで最も一般的な利益の作り方とも言えます。買った金額と売った金額の差で、プラスになった状態のことを指す言葉ですから、常にFXではキャピタルゲインを目指すことになりますね。逆の状態では損になってしまうのですが、この損をキャピタルロスといいます。セットで覚えておきましょう。


    インカムゲインはスワップポイントの利益

    インカムゲインとは、売りと買いで生まれる差額以外の儲けのことを指しています。キャピタルゲインではない利益と考えましょう。FXではスワップポイントというものがあります。これは外貨為替の金利のことです。通貨をペアで購入して、一日に数十円の利益を生むというものです。外貨預金などで金利の高い国にお金を置くことに似ているかもしれません。

  • 2014年3月14日 /  FX

    FXを始めたいと思っていても、いきなり為替相場の世界に飛び込むのは怖いですよね。
    知らないことが多いので不安に思う事も多々ありますし、やっぱりルールなどを把握してから始めたいですよね?
    そんな時は、デモトレードを利用してみることをおすすめします。
    デモトレードとは、ほぼ実際と同じトレード画面でお金をかけずに体験できるシステムです。
    ここで、メリットとデメリットについて知っていくのがいいですね。
    どのようにして進めていけばいいのか学ぶことが出来ますので、とても良いものだと思います。


    FX デモトレードのメリットについて

    このFXのデモトレードのメリットは、ほぼ実際のトレード画面で本物と同じことが出来るところだと言われています。
    お金をかけずにシステムや流れを確認することが出来るので、良心的ですね。
    また、自分にFXが向いているのかどうかについて知ることが出来るので、今後の参考になります。
    注文や決済の仕方が分からずに大損をしてしまうといったことも防げるので、ぜひ試していただけたら嬉しいです。


    逆にデメリットは?

    FXのデモトレードのデメリットは、緊張感がなくなってしまうところみたいです。
    デモトレードで勝つことが出来ても、本番では損をしてしまうという話は実際によくあるそうです。
    実際のトレードでは常にお金を意識して行いますので、デモトレードとは精神状態が異なってきますから気を付けて下さい。
    デモトレードは儲けるか儲けないかではなくて、システムやその流れを学ぶものですから、そのことを忘れずに利用するように。
    FXについてたくさん学んで、実際に挑戦してみましょう!

  • 2014年3月14日 /  FX

    FXは儲かりますか?という質問を見かけたりしますが、その答えは何とも言えません。
    人によっては儲かりますし、また違う人によっては儲けることが出来ない時もあります。
    それは、その個人によって取引の仕方が違ってくるからだと言えます。
    例えば、友達が儲けているから自分も儲けることが出来るというわけではないということを理解しておく必要があります。
    また、ギャンブルのように思っている人もいるようですが、投資手段の一つなので勘違いをしないように。


    FX はまず少額から始めよう

    FXを利用する時は高額ではなくて少額から始めてみることをおすすめします。
    100円単位から始めることも出来るそうなので、ますは少しずつお小遣いを稼いでいく程度で取引を行うのが良いみたいですよ。
    最初はそんな感じで取引を始めていって、だんだんこんな感じで行なっていくのか!と思い始めてから次のステップへ行くのが良いでしょう。
    何事も事前準備や体を慣らす方が大事だと思いますので、焦らず自分のペースで進めていきましょう。


    主婦も会社員も誰でもOK!

    FXを利用できる人は特に決まっていませんので、どなたでも利用することが出来ます。
    さすがに未成年者は無理ですが、それ以外の方でしたら大丈夫だと思いますよ。
    ルールを覚えてお小遣い稼ぎ程度で行なうのも良し、本格的に取引をして利益を出すのも良し。
    利用の仕方はあなたの自由なので、思った通りに行動してみて下さい。
    そのうち慣れてきますと、自分のやり方を見つけることが出来るはずです。
    最初は、色々な方の話などを聞いて参考にするのも良いですね。