• 2014年3月14日 /  FX

    FXでは取引で利用する専門用語のようなものが多くあります。その中でもキャピタルゲインやインカムゲインという言葉が、利益や損失を指す言葉で用いられています。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、キチンと理解しておくと、参考書なども読みやすくなるかもしれません。


    FXでメインの利益となるキャピタルゲイン

    FXではメインとなる儲けが、外国為替の差額を利用したものです。そのため、キャピタルゲインとはFXで最も一般的な利益の作り方とも言えます。買った金額と売った金額の差で、プラスになった状態のことを指す言葉ですから、常にFXではキャピタルゲインを目指すことになりますね。逆の状態では損になってしまうのですが、この損をキャピタルロスといいます。セットで覚えておきましょう。


    インカムゲインはスワップポイントの利益

    インカムゲインとは、売りと買いで生まれる差額以外の儲けのことを指しています。キャピタルゲインではない利益と考えましょう。FXではスワップポイントというものがあります。これは外貨為替の金利のことです。通貨をペアで購入して、一日に数十円の利益を生むというものです。外貨預金などで金利の高い国にお金を置くことに似ているかもしれません。

    Posted by ywadmin @ 6:22 PM

Comments are closed.