• 2014年3月14日 /  FX

    FXではレバレッジという、てこの原理を利用して証拠金以上のお金を動かして取引を行います。2倍や3倍程度から、10倍など大きな額にもすることができるのですが、この数字が大きくなればなるほど、リスクも大きくなります。


    日本ではFXでレバレッジ規制がある

    海外ではレバレッジを100倍などに設定して取引を行うこともあるそうです。例えば証拠金として取引所に20万円を預けると仮定します。レバレッジを10倍にすると200万円の取引をできるということになります。この数字が大きければ大きいほど、大きなお金を動かせますよね。しかしマイナスが出た場合も、マイナスをレバレッジ分だけ支払う必要があるので、日本ではロスカットなどで大きなマイナスが出ないようになどの管理はできますが、ギャンブル性があるという判断もあり、25倍が最大となりました。


    ハイレバの取引を行いたい人は海外の会社を

    しかし、日本のFXでは取引の規制が25倍までというようになっただけです。そのため、もしこれ以上の数字で取引を行いたいと思うのであれば、海外のサイトを利用して取引を行えばいいということになります。日本のFX取引会社はすべて金融庁の管理のもとにあるので規制以上の取引が行えません。ただし海外のサイトでは英語でルールが記載してある、何か問題があったときも自分で対応する必要があります。

    Posted by ywadmin @ 6:23 PM

Comments are closed.